陰毛を自己処理でもサロンのような仕上がりに

 

サロンのような仕上がりにするなら完成イメージはしっかりと
アンダーの処理で最も気を使うのはアンダースタイルです。脱毛サロンでも難易度激高の位置付けとなっています。アンダーはムダ毛を無くすのはもちろんのこと、それ以上に自分がイメージしている形に仕上がらなければ処理の意味がありません。

プロは必ず綿密なカウンセリングを行います。実際に脱毛サロンにアンダーの処理で通ってみると、難易度が高い割にしっかりと自分の希望に沿った仕上がりになりますので結果的に満足することができます。この辺りはさすがプロといった感じです。

 

脱毛サロンでは希望を伝えれば後は寝ているだけでその通りに仕上げてくれますが、自己処理の場合は全て自分で行う必要があるのでサロンのように楽はできません。

 

 

 

≪自己処理が不安な理由トップ3≫

 

処理の手順が分からない
失敗して後悔したくない
果たして自分に出来るのか

 

 

自分で処理をしたいけど不安な要素がたくさんあってなかなか処理できない。だからといって恥ずかしいからサロンには行きたくない。結局処理しないで放置というパターンが多くなっているのが現状です。

 

アンダーは難しいが、なぜプロは上手に仕上げることができるのか?その理由はプロは処理前の段階で、ある程度の仕上がりまでイメージできているから。

 

 

 

 

≪プロが欠かすことのないイメージ4つ≫

 

どのようなカタチにするか
残すところ残さないところの境目
毛の長さ
どこから処理するのが効率的か

 

プロのようなイメージこそ難しいものの、カタチや、境目(ショーツやビキニを着けて確認)ぐらいはイメージはできるはず!これができるだけで失敗する確率は極端に低くなり、ほぼ思っていた通りの仕上がりにすることもできます。プロが行っていることを真似するわけですから間違いありません。
処理前のイメージが仕上がりのキレイさを左右すると言っても過言ではないので、これらは最低限行っておきたいところ。

 

 

 

ちなみに・・・

脱毛サロンのキャンペーンのセットに付いてくるVラインの処理は、低価格で手が掛けられないから、簡単に仕上げられるように型紙が使われています。簡易的とはいうものの境目はこれだけで十分な処理が行われています。このような型紙を自己処理でも使えば境目に悩むことがなくなるので非常に効率的。

不器用でも関係ナシ!デザインも決められる「アンダースタイルガイド」→