家庭用脱毛器は諸刃の剣

家庭脱毛器のシェア

手軽にできるからといって家庭用脱毛器を甘く見ると後悔する!
最近、自己処理の方法として急激に家庭用脱毛器を使う方が増えています。最近の家庭用脱毛器は高性能で、手軽に脱毛サロンと同等の効果を得られると評判になっている器具もあるほどですが、それゆえに家庭用脱毛器を甘く見ている方がとても多いです。

 

 

≪思わずゾクッとする家庭用脱毛器に潜むアクシデント3つ≫

 

火傷で肌が赤く腫れあがる

 

皮膚に毛が埋まる埋没毛に

 

脱毛後の炎症から皮膚が茶色に

 

一度肌のトラブルに合ってしまうと、場合によっては病院へ出向く必要があったり、もっとひどい時は今後一切脱毛を続けられなくなったりする可能性もあります。これらのトラブルは後を絶たないので、家庭用脱毛器を手軽に雑貨感覚で購入できてしまうのは問題があるような気さえします。

 

家庭用脱毛器でエステのような脱毛ができるというのは確かに魅力的です。ただ、エステのような脱毛ができるという意味を考えるとサロンでプロが脱毛器を使ってもなんら遜色がないと解釈することもできます。それだけ

 

高い性能を持ち合わせているのですから、適当に使おうものならトラブルは100%免れることはできないでしょう。

 

エステのようにキレイな脱毛が誰でもできる反面、取り返しの付かないトラブルと隣合わせだということを、デリケートなアンダーは特に認識しておきたいところ。

 

リスキーだけどそれ以上の見返りが!?

 

≪家庭用脱毛器ならではのメリット5つ≫

自宅で好きな時に出来る

・・・慣れるとテレビを見ながらでも

エステと同じ脱毛方式

・・・自宅でエステしている感覚に

1回の処理が短時間

・・・手間いらずだから少しの合間で

キレイな仕上がり

・・・周りから羨ましがられるほどつるつるピカピカに

肌にやさしい

・・・もともとの綺麗な肌質を維持

 

家庭用脱毛器は肌トラブルのリスクは高いですが、それ以上に大きな見返りを求められるのが特徴的です。だからといって、どんなに見返りは大きくても、リスクの高さがある以上使うことにためらいが生じます。

 

とはいっても、そもそもリスクの発端は使用方法の間違いにより引き起こされるものがほとんどです。家庭用脱毛器は諸刃の剣ですが、正しい方法で使えば、アクシデントは未然に防ぐことが出来ますので、リスクに対してそれほど神経質にならなくても良いと言えます。


家庭用脱毛器は正しく使えば安全!?

 

≪簡単にリスクを減らせる超重要事項3つ≫

 

説明書は必ず読む

 

自分の肌質に合わせた出力調整

 

当てる位置を重複させない

 

家庭用脱毛器は、自分自身で使うものだからどんな使い方もできてしまいます。それは言い換えると間違った使い方も簡単にできてしまうということ。仮に、トラブルが起きようが、失敗しようが、誰も悪くありません。完全に自己責任なので自分が悪いということになります。

 

この点は、使用する上で常に頭の中にいれておく必要があります。世間で家庭用脱毛器がリスキーと言われているのはここが一番大きな理由かもしれません。

 

リスクを最小限にするために・・・
使う前に説明書を読むことはもちろんのこと、使っている最中に疑問に思うことがあったら、どんな些細な事でも自分で判断せず購入元に聞いてみる。

 

妥協はトラブルの元ですし、安心感を得るためにもすべきことでしょう。正しく使うことができて初めて家庭用脱毛器の良さを知ることができるのですから。

 

 

 

<参考>どんなものかイメージが湧かない人へ・・・とりあえず使ってみました。↓

ケノンを試してみた

 

 

 

トラブル回避のキモは使い方の熟知!

家庭用脱毛器をいざ使ってみると、「こういう場合はどうすればいい?」という些細な疑問は必ず湧いてくるもので、トラブルはこれらを独断で処理することによって起きます。そこで、疑問点を無くしてくれる専属スタッフがほしくなってきます。脱毛器を買う際は、使用中の事まで細かくサポートしてくれるサービスが付いてくる物を選んでおきたいところです。

スタッフも使ってるから脱毛中の疑問が即解決!夜9時までサポートのお客さん重視の脱毛器→

 

 

 

「陰毛の脱毛|恥ずかしいから自分でしたい!上手なやり方って!?」のトップへ戻る△